新型ジムニーの試乗

今日も肌寒い一日でしたね。

今週は暖かくなるという予報だったと思ったんですけどね。

今年の天候は読み辛いんですかね?

気象予報士の人達の話をテレビで見たりしないので良くわかりませんが。

さて、ジムニー(JB23)の半年点検のついでに新型ジムニーの試乗をさせてもらいました。

ジムニー(JB64)のAT車

自分のを点検してもらっている待ち時間で試乗させていただきました。

MT車は置いてなかったのでAT車になりました。

車内は引き締まっていて良いですねぇ。コンソールがカッコいいです。

ただの乗用車とは違う感じがします(^^♪

それとフロントガラスが垂直に近く、手の届く距離にあるのも新鮮ですよね。

今はダッシュボードの奥行きがあるものが多いですから。

運転の感覚

ハンドルは変わらず重いかなとも思ったのですが、大きく切るような場合に違いを感じました。

振動も軽減されていますね。

最近にN-boxに乗る機会があったのですが、それよりも滑らかではないでしょうか。

揺れ(ロール)に関しては最低地上高が高いですから揺れます。

しかし、三代目よりは優しい揺れになっていると感じました。

マウントブッシュが20年の間で良くなったとディーラーさんも言っていました。

それなら三代目でもマイナーチェンジの時にも替えて欲しかった。

自分のと比べてみての走っていての感覚は、「 滑らか 」と言えばいいですかね。

今までのは「 ガチャガチャうるさい 」・・・ですかね?。

サイドミラーは見易いですね。

バックミラーは近くになりすぎたのか見難い印象ですね。馴れもあるでしょうけど。

自分が勘違いしていたこと

シエラを試乗したときには『後ろの座席が広くなり乗りやすくなった。』と思っていました。

しかし、後ろは荷室として割り切る方へ変更であるという事です。

新型は後ろは荷物スペースの2シーターと考えるべきだということでした。

帰り路

点検も終わっての帰りの車内で、新型は静音性が格段に上がったんだと実感しました。

コメント