家の風通し~空気の入れ替え

今日は朝から良い天気でしたね。

そして、良い風が吹いていました。

干せるものを干して、主屋の雨戸を開けて風を通してやりました。

日本家屋は開け放てるのが良い所の一つなんでしょうね。

しかし、昔は網戸が無かったというのはいただけないですね。

「蚊に刺されまくるのでは? 夜って灯り使えないよね。」と思ってしまいました。

まぁ、夜は蚊帳が吊るされていたんでしょうけどね。

こんだけ虫の多い中で開けっ放しは正直つらいですよね。

「もしかして、蚊って昔は日本にいなかった?」なんてバカな事を考えてみたり。

網戸というのは登場した当時は、かなり画期的な物だったのだったんじゃないでしょうか。

いつ頃からあったんでしょうね。

麻の粗い布が張られた障子みたいなものがあったのか?

まぁ、気が向いた時に調べてみますかね。

コメント