臀部(お尻)の筋肉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、雨が降ったり止んだりを繰り返し、湿度も上がりムワッっとしますね。

ちょいとお客さんと話をしたのでお尻の筋肉について考えてみました。

幾つかありますが、一番大きな筋に絞ります。

大臀筋

普段どんな時に使っているかと考えてみると・・・どうもピンとこない。

意識しにくい部分な気がしてきました。

作用としては

股関節の伸展・外旋、膝関節の伸展

筋力トレーニングなどでは分かり易いんですけど、普段歩いている時などに意識は低いように僕自身は思えます。

歩行時

踵が地面に着く前から始まり、足底全体が地面に着く位までに作用しています。

踵接地~足底接地という事になりますかね。

考える

で、この筋肉を歩いている時により使おうと思うとどうすればよいのか?

・・・歩幅を広くする。つまり大股で歩くことを意識する。

しかし、これは膝を痛めている人などにはお勧めできないですね。

負荷が大きくなるので悪化させる可能性があります。

まとめてみる

お尻を意識されている方は、歩くときに普段より歩幅を少し意識してみる。

で、膝などに痛みが出るなどしたら歩幅を戻す。

まずはこんなところでしょうか。他の場面についても気が向いたら検討してみますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。