傘の修理をする。

今日はこっちでも雪が降りましたね。

霙(みぞれ)に近い感じでしたね。牡丹雪よりもベショベショでした。

海側は積もりませんでしたが、山側は薄っすら白くなっていました。

友人が送ってきた写真では見事に積もっていました。

そんなのを見て、何故か『やはり山に入るなどの時は装備をきちんとしよう。本当なら知識が大切だが。』と思いました。

ちょっとの差だけども、状況は大きく違ってくるということでしょうか。

母に頼まれていた傘の修理をしました。

祖母が使っていた傘だそうで、母のお気に入りでもあったらしい。

傘の親骨と受骨の繫ぎ部分が外れてしまっていたので、昔ばらした傘からとった硬めの針金を使いました。

少しでも見た目を良くしたいなと思ったので思いの外苦労しました。

最初に柔らかい針金を使って試せばよかったと反省しました。

あと傘の先端(石突)にゴムのカバーを取り付けました。

丈夫そうなので長く持つと良いのですが。

コメント