四十肩、五十肩~肩周囲炎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、昨日よりも暖かかったですね。

しかし、ここの所朝起きた時などに左肩に痛みが出ることがあります。

『まさかとうとう四十肩!?』と思ったんですが、手術した方でしたね。

去年あたりは調子がよかったのですっかり忘れていましたね。

四十肩・五十肩などのは加齢による肩の周辺部位の軟部組織、腱などが切れたりすることで痛みがでるものとなります。

一時痛みがあったが、その後は気にならなくなったという人もいます。

しかし、酷い人であれば動作痛、夜間痛などがかなりの間続きます。この夜間痛が堪えるという人が多いようですね。

なにせ、寝ている時に痛みで目が覚めるのですからね。

外科手術を受けた事はある人はなんとなく想像できると思います、手術後痛みで眠れないというのは。

僕自身も経験ありますね。眠いけど眠れないというのは苦痛ですね。

確かに睡眠がとれない状態が続くのは辛いものです。

起きていて肩を動かさないでいる時の方が楽だという人もいます。

四十肩・五十肩の正式な名称は、「肩周囲炎」と言います。

周囲と付くだけあって、原因は一つだけじゃないものであり人によって違います。

なので、なるべくあれば整形外科医でも「肩」に定評のある所へ行った方がよいと思います。

医者の免許には外科、内科という区分は無いのですが、どうしても枝分かれしてしまうものです。そして、その中でも肩について、膝についてなどと更に枝分かれしていきます。

程度が重い方にとっては長引くのは辛い事ですからね。あちこち行くよりも結果的には良いかもしれません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。