車の内張りを外す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここの所、顔を出せてないなと思っていたので午後から知人の所へ行ってきました。

予約も入っていなかったので丁度良いかなと思い車を走らせました。

話しをしていて、ジムニーの整備と修理をお願いするついでに泥除けを付けようかと悩んでいることを言ったら「自分で取り付けたらいいじゃない。」と言われました。

現行のジムニーのアクセサリーには無い部品なのですが取り付けたい物があり、自分で取り付けられたら良いなと思っていたのでが車の内張りを外さないといけないのが自信がありませんでした。

どこまでの力加減でやって良いものかが分からず、『破ったり傷が付いたらどうしよう。安くはないよねぇ。』と思っていました。それに昔のは留めピンが割れたりするイメージがあったので尚更躊躇していました。

そしたら、友人は前の仕事の関係もあってカーオーディオの取り付けで内張りなども外したことがあり、「簡単に外せるし、今のはちょっとやそっとでは壊れませんよ。」と。

そして、「なんなら今から外しましょう。」と言ってくれ、やり方を教えてくれました。

内張り外しの道具も色々と種類がありますが、一つあれば十分なのようです。知人曰くなくても大丈夫。

で、ちょっと調べてみたら手で外せるものは手で外すのが基本のようです。

道具でこじって傷をつけるのはナンセンスなようです。

いざ、挑戦

こんな感じとガコカゴっと知人が外していきます。

僕はおっかなビックリでしたが、経験者がいるというのは心強いもので慎重ながらも力を入れてガコッと外しました。

結構力を入れないと外れないものなのですが、壊れないのも確かですね。

力加減と外れるという事が分かったら、後は注意点やコツを教えてもらいながら外していきました。

家電の分解などよりは力は要りますが、割れたりし難いですね。外せるが前提ということもあるのしょうね。

写真を撮っておけばよかった

楽しかったので忘れてましたね。

そんなに時間は掛からなかったのですが、元に戻すまでの時間はなく、暗くなる前に切り上げました。

明日、時間があれば少しやりたいなと思うのですが、予定を考えると無理そうですね。

まぁ、自分が乗る分には支障がありませんしね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。