荒縄を一玉分なう~縄ない機~

ブログ

今日は茅葺きの手伝いでした。

藁ない機は、昨日整備が終わったということでした。

なので今日は藁綯いですね。

荒縄

つまり藁縄ですね。

これを足踏み式縄ない機を使って作っていきました。

ある程度感覚で藁を入れていっても縄は出来ます。

しかし、どうすれば強くしなやかになるのかというのか考えてしまいます。

作りたい太さにもよっても違いがあるとは思います。

茅葺き屋根に適切なのはどの位の太さか?

三分・・・3.03mm×3=9.09mmつまり約9mm

これぐらいが必要と聞いています。

前に太い縄を使ったとき、扱いにくかったんですよね。

結びにくいと感じたんですよね。

あとは、どの位の引っ張り荷重に耐えられるか。

固定するために使うのだから切れてもらっては困りますからね。

一玉分

足踏み式で綯うと5~6時間で一玉分を作ることができそうです。

ちょっとした太さの違いでも時間は変わってくると思いますが。

 

 

 

コメント