異音の原因~ジムニーJB23 キュルキュル、カタンカタン

ブログ

今日はそこそこに寒かったです。

雨が降りそうでしたが、ポツンポツンとだけでしたね。

明日からも段々と寒くなっていくのでしょうか。

異音①

夏の始めの頃、10km/h(徐行)で車体下の方から「ベルトの鳴き」みたいな音がしていました。

エンジンルームからではなかったので『なんだろう?』としばらく気を付けていました。

その内、音がしなくなったので『あれは何だったんだろう』と思っていました。

異音②

10月になったかくらいの頃だったか、ジムニーがちょっとした時に前の方から「カタン」と音がするのに気付きました。

何処からかというのがハッキリしないし、いつも音がする訳ではなかったのです。

車体が左右に揺られる(ロールする)ような舗装の悪い所で起こるのは何となく分かりました。

この時はサスペンション周りを疑っていました。

ジムニーJB23 リコール

そんな時にジムニーのフロントサスペンションの「コイルスプリング」にリコールが掛かりました。

なので、交換の際に異音②についての相談をしておきました。

しかし、不具合も見つかりませんでした。変化もありませんでした。

『これは足回りではないのか。』と他の不具合を推測してみたりしました。

音の頻度が多くなった

そんなこんなで車体を揺らしたりして音の出所を探したりしていました。

そして、頻度が多くなってきたので心配になり車の下に潜ることにしました。

『ここまで酷くなれば目視でも何かしら確認できるのではないか。』と思い。

そうしたら、別の物を発見しました。

それが、異音①の原因でした。

シフトレバーと連結部に被せてあるゴムカバーが駆動シャフトに干渉していました。

音がしなくなったのは破れてしまったからでした・・・(-“-)

異音②についてはもう一度見てもらいました。

今度は一緒に乗って音を確認してもらい、リフトで上げてもらい、音がした辺りを確認していきました。

そして、スタビライザーの連結部からすることが分かりました。

無事に原因が分かったので良かったです(^-^)

スッキリした―!!

コメント