猫をお腹に乗せて寝る。

今日は天気は良かったですが、風が強くなりましたね。

午後からは晴れているのに霧雨が降ってました。

患者さんがお帰りになったときだったので二時半頃に気付きました。

「んっ、何かで飛んでません?」となりました。

玄関出た時は全然気付かなく、門を出て西日に照らされて分かりました。

天気雨ってやつですね。

夕方の予約がなく、取り敢えず整理をして一息ついてました。

そうしたら、猫助が「餌、餌~」と帰ってきました。

他で餌をもらっているのかえらく丸くなってきましたね。

冬に向けて蓄えるのも分かるのですが、少し心配になります。

なんとなく横になり、お腹に乗せてみました。

『外に出たいなら直ぐに逃げるだろう。』と思っていたのですが、逃げない。

ぐでっとなり喉を鳴らし始めました。

それから腹の上で毛繕いを熱心に始めました。

自分は「湯たんぽ」だなと思いながらウトウトしました。

途中で伸びをしたり、コロンコロンと向きを変えたりしていましたね。

夢を見ているのかピクピクっと動いたりが多いです。

ふと『猫の考えってどんなもんなんだろうな。』と思う今日この頃でした。

 

 

 

コメント