ブレーキキャリパーの取り付け②~フルード漏れ

ブログ

今日も良い天気でしたね。

朝晩は肌寒く軽く羽織ったくらいではちょっとキツかったですね。

さて、前回の続きといきましょう。

漏れてる

一晩置いて確認してみたところ、ブレーキホースとの接続部で漏れていました。

色々とガックシでした。

『再度エア抜きをし、動作確認をすれば終わりだ』と考えていたんですよね。

ピストンの方は酷く漏れているということはなさそうでした。

再度ブレーキホースの取り外し

漏れている所を確認するためにまたまたフールドを抜いて部品を確認。

どうやら間に噛ませるワッシャーに不具合があるようでした。

調べてみると締め込み潰されることで隙間を埋める役割を果たすものでした。

その為、これは一度使うと交換が必要になる部品でした。

仕方なく軽く紙やすりで表面をならすように軽く磨いて再利用してみました。

しかし、それでも僅かながら滲みが。

部品探し

近場で購入できないかとホームセンターなど探してみましたが売ってはいませんでした。

銅製の物がアストロプロダクツにありましたが、ここは知識が無いので『使っても問題がないのかどうか。』と判断付かず購入は見送りました。

ネットでも調べてみましたが、どうにも自分が欲しい情報は得られませんでした。

・サイズどれも共通なのか。

・銅製とアルミ製での違いは?

・純正部品のサイズと何製、価格?

近くにバイク用品店があって欲しいです。

 

 

 

コメント