キャブレター周りの清掃~焼き付いた耕運機

ブログ

焼き付いてしまった耕運機の修理を再開しました。

11月末に分解を始めました。

分解途中で焼き付きが取れ、ピストンが動くようになったところで中断していました。

まとめて進めたいと思っていたのですがそうもいかなくて。

しかし、二月には耕運機を使いたいので期限に迫られて、合間で進めることにしました。

固着が取れたのでエンジンが動くか試し、その結果から方針を決めることにしました。

その手始めに外した部品の清掃から始めています。

汚いとオイルに滲みのとかが分かり辛くなりますし、汚れが入っても嫌ですからね。

しかし、こういうのはなかなか手頃な刷毛みたいなものがないモノです。

専用の道具として売られているのに納得しました。

高価ではなく代用が効きそうであっても、頻度と効率を考えるとケチらない方が良いと学びました。。

コメント