ちょっと郊外を走る。そして、響き渡る悲鳴。

今日も良い天気でしたね。

日中は半袖で作業をしたかったくらいです。

昼は防草シートを敷いたり、火災報知器のチェックに行ったりしました。

火災報知機って10年毎の交換を推奨しているんですね。

電池だけ交換すればよいという訳ではないようです。

どういった理由があるんだろうか?

今度、覚えていたら調べてみよう。

さて、夕方から知人数人と走ってきました。

時期が時期なだけに人と余り会わないよう、市街地から離れた所へ行きました。

田舎道ですからねぇ。

街中では余りお目に掛からないモノとも出くわす訳です。

響き渡る「キャーッ!!」という悲鳴。

後ろを走っていた自分までがビックリしましたよ。

いやぁ、本当にビックリしました。

飛び上がってしまいましたよ。

そして、近くの家から外を窺う、子供たち。

それだけ良く響き渡ったということです。

さて、原因は何だったかというと蛇だったんです。

道路に小さな蛇がいたんですよ。

ふと気付いたら足元にいるというのは驚きますよね。

しかし、猪とかの野生動物に遭遇した時は静かに驚きましょうwww。

 

コメント